日々の日常の疑問を解決

マスク入荷情報・山梨県甲府市で売ってる場所はどこ?穴場店舗についても

2020/03/20
 

マスク入荷情報・山梨県甲府市で売ってる場所はどこか、穴場店舗についてもご紹介したいと思います。

日本のマスクの約8割は中国からの輸入に頼っている為、その中国でマスクが品薄になれば当然ながら日本にも影響を及ぼします。

しかしここに来てその中国のマスク生産量が、一日1億枚を突破したようです。

と言う事で、日本に入荷されるのはいつ頃になるのかも予想してみたいと思います。

ひょっとして今月中かも!




Sponsored Link

マスク入荷情報・山梨県甲府市周辺・近隣市町村で売ってる店舗

マスク入荷情報・山梨県甲府市周辺・近隣市町村で売ってる店舗をご紹介します。

甲府市:ゴリラーズ甲府南店

アウトレットの店舗でもマスクの入荷情報があるんですね。

しかも当然ながら「新品」です。笑

甲府市:ウエルシア塩山北店

全国的にウエルシアは、月曜日や火曜日の開店前にマスクの入荷情報があるようです。

こんな時、平日に時間がある人はラッキーですね。

甲府市:ヤマダ電機アウトレット館甲府店

ヤマダ電機は日用品も置いているので、狙い目かもしれません。

甲府市:草津温泉

草津温泉と聞くと群馬県の有名な「草津温泉」をイメージしていますが、その草津温泉とは違います。

ここの草津温泉は名前が「草津温泉」と言うだけで、普通のお風呂屋さんです。

ちょっと紛らわしいですが!笑

甲府市:100均ダイソー

100均ではこのダイソーが特に全国的にマスクの入荷情報が多いようです。

品数も他の100均よりも多いし、何より「これが100円?」と思うくらいの品質なのでビックリしますね。

まさに「100均、なめんなよ!」です。笑

南アルプス市:はくばく直売所

この「はくばく直売所」は、普段からそこら辺のスーパーには置いていない品物が置いているので、マスクも今や「そこら辺に置いていない」ので狙い目かもしれません。

南アルプス市:カインズ甲西店

ホームセンターではこの「カインズ」と「島忠ホームズ」がマスクの入荷情報が多いですね。

個人的な意見ですが、どちらかと言えば「コーナン」の方が近くにある事が多いので、この「コーナン」でもマスクがあると嬉しいのですが、今の所マスクの入荷情報を聞きません。

「コーナンさん、早くマスクを入荷して!」笑

南アルプス市:ビッグ櫛形店

南アルプス市:トライアル南アルプス店

この情報は少し古いですが、場所によっては子ども用のマスクの入荷情報があります。

子ども用だけでも今はマスクがあるだけで何だか「買わなきゃ!」みたいな感じになるくらいなので、変な感じです。

富士吉田市:サンロード

山梨市:山梨市駅前のひとやすみ

この「ひとやすみ」と言うお店はカフェです。

まさか、カフェにまでマスクの入荷情報があるとは思いもよりませんでした。

かなり穴場かもしれません。

大月市:大月町真木のたつみやさん

このたつみやさんは「お米屋さん」です。

なのにマスクを置いてると言う事は、「まさかこんな所」という場所に行ってみると、意外と置いているかもしれませんね。

大月市:初狩PA

そりゃ~作れば売れるんだから休んでなんかいられませんね。

こんな時、裁縫が上手な人はラッキーですね。

大月市:観光協会

マスクも手頃な値段で売っているとは、さすが観光協会です。

韮崎市:ツルハドラッグ

ツルハドラッグも地方によってマスクの入荷情報が違うようです。

韮崎市:トライアル

韮崎市:サンロード

韮崎市は周りの市町村に比べてマスクの入荷情報があるようですね。

この「差」って自治体の力の差何でしょうか?

早くどこでも普通にマスクが買えるようになってほしいですね。

北杜市:長坂小体育着・給食着取扱店 アカシヤ

確かにこのような学校の制服などを扱っている洋服店は穴場かもしれません。

西八代郡市川三郷町

南都留郡忍野村

中国人の中にもマナーや礼儀をわきまえている人も多いですが、ごく一部の中国人の行動でこのようなイメージになってしまうのは残念です。

これはもう民族の差なので、長い年月が掛かる事でしょうね。

だからと言って、日本人も負けないようにしたいです。

マスク入荷情報・山梨県の穴場店舗はどこ?

Sponsored Link

ではマスク入荷情報・山梨県の穴場店舗はどこかご紹介します。

宣伝していない大型量販店

マスクの入荷情報があると人が押し寄せて来るので、すぐに売り切れになってしまいますね。

なので「宣伝していない大型量販店」が穴場かもしれません。

こっそり行くと売ってるかもしれませんね。

コンビニ:セブンイレブン

そうなんです。

コンビニは毎日商品の入荷があるので、意外とマスクの穴場なんです。

なので、自分の家近くのコンビニに行くとマスクがあるかもしれないので、行ってみる価値はあるでしょう。

しかも特に「セブンイレブン」がいいようです。

このようにセブン-イレブンのマスクは台湾製だそうです。

なので同じコンビニでも「セブン-イレブン」を狙ってみるとマスクをゲット出来る確率が高いかもしれません。

中国製のマスクが日本に入荷されるのは早くて3月16日以降?

【楽天2位獲得】3枚セット マスク 洗える 布 マスク 男女兼用 大人 小さめ 使い捨て 立体 伸縮性 モーデル綿 繰り返し洗える ウィルス飛沫 花粉 防寒 紫外線蒸れない PM2.5対策 耳が痛くならない 肌荒れしない 無地 送料無料

日本のマスクはほとんどが中国製なので、その中国がマスク不足なら当然日本にはなかなか入荷はされませんね。

しかしつい最近その中国で、マスクの生産が一日に1億枚も作られるようになったようで、中国国内ではすでに「あまり気味」になって来ているようです。

中国でマスク生産が一日1億枚以上?

中国国家発展改革委員会は2日、中国のマスク生産能力が2月末までに1日あたり1.1億枚に達したと発表した。
多くの企業が生産を始めた結果、品切れが続いたネット通販でもマスクが販売され始めた。

引用元:https://www.asahi.com

マスクは生産ラインで作られてから14日間置かないと出荷できないルールだそうです。だから店頭に並ぶまで意外と時間かかちゃうかも。
引用元:https://comemo.nikkei.com

このように現在中国では、マスクの生産が一日1億枚作られるようになった事で「マスクがあまり気味」になっているようですが、作られてから「14日」経過しないと出荷できないとなっているようです。

と言う事は、3月2日にマスクの生産が一日1億枚作られるようになったという事は、それから日本に入荷されるのは早くても3月16日以降になると思われます。

なので後もう少しの辛抱です。

きっと大量のマスクが入荷されるハズです。

マスク生産の2割は国産だがその原料は中国製?

日本のマスクは約8割が中国からの輸入で、残りの2割が国産品だと言われていますが、その残りの2割も実は、中国からの輸入になっているそうです。

日本で出回っているマスクの約8割は中国などからの輸入だ。残り2割の国内生産分についても、原材料の不織布、ゴムひも、鼻部分のワイヤーはほとんど中国からの輸入に頼っている。

「これは日本政府が中国政府に、きちんと言わなくちゃだめですね。日本で輸入するために作っているという契約があるはずですから。契約がある分にはきちんと日本に輸出させるという通達を出してもらうよう日本政府が言わないとダメだと思います」

引用元:https://www.j-cast.com

と言う事は、日本のマスクは100%、中国頼みになっているという事ですね。

この辺りもしっかりと報道してもらいたいです。

でないと2割が純国産だと勘違いしてしまいますからね。

まとめ

マスク入荷情報・山梨県甲府市で売ってる場所はどこ?

穴場店舗についてもご紹介しました。

全国的にマスクが品薄ですが、マスクって予防の効果がないんでしょ?

なのになぜ健康な人達までマスクをしてるのか不思議です。

健康な人達までマスクをするから品薄状態になっている事に気づいてほしいです。

日本人はすぐ情報に踊らされるから、操る側としては操りやすいので「いいカモ」ですね。

マスクについて合わせて読みたい記事はこちら!




Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

マスク好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© それがちょっと知りたい! , 2020 All Rights Reserved.