Just another WordPress site

即位礼正殿の儀が行われる2019年10月22日はなぜ祝日になるのか調べてみた

2019/10/22
 

平成が終わり、新しい天皇が即位され元号が「令和」になりましたね。

その新しい天皇を迎えるにあたり、いろんな儀式が行われ始めています。

そんな儀式の中の一つに「即位礼正殿の儀」という儀式があるのですが、この儀式は2019年の10月22日に行われる事が分かりました。

そして、その「即位礼正殿の儀」が行われる10月22日は「祝日」になるのですが、なぜこの日が「祝日」になるのでしょうか。




Sponsored Link

即位礼正殿の儀とは何をするの?

そもそもこの「即位礼正殿の儀」とは何の事でしょうか?

即位礼正殿の儀とは?

これは、新しく天皇が即位された事を、日本は勿論、海外にも「新しい天皇になりましたよ!」と知らせる儀式の事です。

実はこの「即位礼正殿の儀」と呼ぶようになったのは、先の平成天皇(現上皇)の時からこう呼ぶようにしたのです。

その前までは、「即位礼正殿の儀」の事を「即位礼紫宸殿の儀」と呼んでいました。

どちらも「新しい天皇になりましたよ!」という意味は同じで、海外での「即位式」や「戴冠式(たいかんしき)」と同じ儀式になります。

その「即位礼正殿の儀」には、内閣総理大臣は勿論、海外のそれぞれの国のトップがこの儀式に参列する事になっています。

招待国は195カ国で、ほぼ世界の国の全部のトップが来る一大儀式となります。

 

先の平成天皇の即位礼正殿の儀でのお言葉

この「即位礼正殿の儀」では、新しい天皇自らお言葉を発せられ、その後に現内閣総理大臣寿詩が発せられます。

先の平成天皇のお言葉

さきに、日本国憲法及び皇室典範の定めるところによって皇位を継承しましたが、ここに即位礼正殿の儀を行い、即位を内外に宣明いたします。
このときに当り、改めて、御父昭和天皇の六十余年にわたる御在位の間、いかなるときも、国民と苦楽を共にされた御心を心として、常に国民の幸福を願いつつ、日本国憲法を遵守し、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓い、国民の叡智とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。

引用元:https://ja.wikipedia.org

時の内閣総理大臣であった海部首相の寿詩

謹んで申し上げます。天皇陛下におかれましては、本日ここにめでたく即位礼正殿の儀を挙行され、即位を内外に宣明されました。一同こぞって心からお慶(よろこ)び申し上げます。ただいまは、天皇陛下から、いかなるときも国民と苦楽を共にされた昭和天皇の御(み)心を心とされ、常に国民の幸福を願われつつ、日本国憲法を遵守し、象徴としての責務を果たされるとのお考えと、我が国が一層発展し、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを願われるお気持ちとを伺い、改めて感銘を覚え、敬愛の念を深くいたしました。 私たち国民一同は、天皇陛下を日本国及び日本国民統合の象徴と仰ぎ、心を新たに、世界に開かれ、活力に満ち、文化の薫り豊かな日本の建設と、世界の平和、人類福祉の増進とを目指して、最善の努力を尽くすことをお誓い申し上げます。ここに、平成の代(よ)の平安と天皇陛下の弥栄(いやさか)をお祈り申し上げ、お祝いの言葉といたします。

引用元:https://ja.wikipedia.org

現在は安倍さんが内閣総理大臣なので、どう言った事を言われるのか注目したいですね。

その他の即位の礼には何があるの?

Sponsored Link

実は、この「即位礼正殿の儀」というのは、「即位の礼」という儀式の中で一番大きな儀式ですが、それ以外にも「即位の礼」の儀式があるのでご紹介したいと思います。

剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)

これは新しい天皇に変わる「皇位継承」があった時に行われる儀式の事。

その時に、剣璽(けんじ)と御璽(ぎょじ)と国璽(こくじ)を引き継ぐ事になります。

剣璽(けんじ)とは、三種の神器「八咫鏡(やたのかがみ)・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)・草薙剣(あめのむらくものつるぎ)」の中の「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)・草薙剣(あめのむらくものつるぎ)」の事。

御璽(ぎょじ)とは、「天皇専用のハンコ」で、天皇が公の場で使うハンコです。

国璽(こくじ)とは、「国のハンコ」で、外交や重要な国に関する書類に押すハンコです。

国や天皇が使うハンコの事を「璽(じ)」と言うのですね。

フツーに「ハンコ」とは言わないのですね。

そのような重要な場面で「ハンコ」なんて言っているような頭では、そもそも国を背負っていけませんね。(笑)

ちなみにこの「剣璽等承継の儀」には、皇族は「男」しか出席できないのですって!

なので時期の天皇候補ナンバーワンである「秋篠宮殿下(皇嗣・こうし)」と、常陸宮さまだけが出席されました。

しかし、しかしですよ!

なんと皇族でも「男」しか出席できないのに、「女」である「片山さつき地方創生担当相」がこの儀式に出席したのです。

最初はどうするか政府は迷っていたそうですが、結局は無理やり出席させたようです。

「ふざけんなよ!皇族でも女は禁止されているのに、国会議員の女が出席するやと?それやったら皇后である雅子さんを出席させろや!」と思ってしまった私ですが、世間でも私と同じように思った人も多いようです。

即位後朝見の儀(そくいごちょうけんのぎ)

これは、皇位継承された後、初めて国民の代表である三権の長(立法・行政・司法)と会われる儀式の事です。

「私、この度新しい天皇になりました。よろしくね!」と言う事ですね。

祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ)

これは新しい天皇が誕生したので、皇居から赤坂の御所まで「パレード」をする事です。

このパレードも10月22日に行われ、秋篠宮殿下夫妻も参加されるようです。(2019年の祝賀パレードは台風19号の被害を受けて11月10日の日曜日に延期されました。台風で被害に遭われた方がおられるのにお祝いなんてしていられませんからね。)

 

現在のところ、以下の3つのルートが候補になっています。

写真引用元:https://www.google.com

ちなみに、この時に使う車はトヨタの「センチュリー」です。

なぜトヨタのセンチュリーかと言うと、皇室の要望に合った車を作れるのはトヨタだけだったからです。

さすが「世界のトヨタ」ですね。

このパレードに使われる「センチュリーのオープンカー」は約8000万円するそうです。

皇室が所有する一般的なセンチュリーは、約1960万円。(天皇陛下の普段の車)

その上の「ロイヤル センチュリー」は、約5250万円。(公式行事の時に使う)

さらにもっと凄いのが「防弾仕様のセンチュリー」で、約9450万円。(国賓の送迎の時に使う)となっています。

饗宴の儀(きょうえんのぎ)

即位礼正殿の儀に出席した人達と一緒に夜ゴハンを食べる儀式の事です。

これは「即位礼正殿の儀」が終わったその日だけでなく、10月25日・29日・31日にも行われます。

即位礼正殿の儀が行われる2019年10月22日はなぜ祝日になるのか?

ではなぜ「即位礼正殿の儀」の日は「祝日」になるのでしょうか?

10月22日はなぜ祝日になるの?

それは、簡単に言ってしまえば、「新しい天皇の誕生を国全体でお祝いしよう!」と決めたからですね。

「その日くらいは休んでもいいのでは?」ですが、多分私は仕事です。(涙)

10月22日の祝日の名前は何と言うの?

そのまんま「即位礼正殿の儀」と言う名前です。

何だか長い言葉ですね。

2019年10月22日は連休になる?

さて氣になる連休ですが、残念ながらこの日は連休ではなく単発の休みとなるだけです。

10月22日は火曜日なので仕方ないですね。

2020年以降も10月22日は祝日になるのか?

ではこの日の祝日は、2020年以降も祝日になるのか氣になる事ですが、これも祝日になりません。

10月22日祝日になるのは、2019年の一回きりだそうです。

共産党は即位礼正殿の儀が行われる10月22日が祝日になるのは反対している

2019年10月22日「即位礼正殿の儀」「祝賀御列の儀」が行われる為「祝日」のなるのですが、共産党は祝日になる事を反対しているそうです。

共産党はなぜ反対しているの?

日本共産党の笠井亮政策委員長は30日、国会内の記者会見で、来年5月1日の新天皇即位の日と「即位礼正殿の儀」が行われる10月22日を休日とする法案に日本共産党は反対したと述べ、その理由は「天皇が退位し、新天皇が即位する。その日を休日にするのは賛成だが、違憲の儀式の日を休日にすることには反対ということだ」と説明しました。

 笠井氏は、「即位の礼」として来年5月1日に「剣璽(けんじ)等承継の儀」と「即位後朝見の儀」を、10月22日に「即位礼正殿の儀」などを行って「これらの儀式を国事行為である国の儀式にすることに反対だということだ」と説明しました。

 笠井氏は、この間、日本共産党が、「代替わり」の進め方や儀式などについては、憲法の国民主権と政教分離の原則にのっとって国民の代表である国会のすべての政党・会派の意見を反映して国民的な議論による合意を形成して行うべきだと政府や衆参議長に申し入れてきたことを指摘。ところが、政府は4月の閣議で一方的に一連の儀式を決定したと述べました。

 その上で、「これらの儀式は戦前の登極令を参考にしたものだと政府は答弁しているが、登極令は明治憲法下の天皇主権、国家神道の下での代替わりの儀式を定めたもので現行憲法が制定された時に廃止された。その登極令を踏襲したのは、日本国憲法に照らして重大な問題だ」と強調しました。

 笠井氏は、「現行憲法は天皇主権を否定して国民主権の原則を確立し、天皇の地位を主権の存する国民の総意に基づくと規定した。登極令を踏襲した儀式が日本国憲法の国民主権と政教分離の原則に相いれないのは明らかで、このような儀式を行う日を休日とするのには同意できない」と語りました。引用元:https://www.jcp.or.jp

さすが「何でも反対党」と言われるだけの政党ですね。

「一回政権取ってみろ!取ったら取ったで、この国終わったな!」ですが。笑

まとめ

即位礼正殿の儀が行われる10月22日なぜ祝日になるのかについて解説しました。

「国民全体でお祝いをしよう!」と言う事ですね。

しばらくは「令和ムード」が続きますね。

天皇について合わせて読みたい記事はこちら!




Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

天皇好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© それがちょっと知りたい! , 2019 All Rights Reserved.