Just another WordPress site

若者の車離れの理由・原因は税金?車の保有率などデータを見ると実際は嘘?

2019/04/08
 

近年「若者の車離れ」と言われていますが、理由や原因は何でしょう?

税金が高いから?」

ホントにそれだけ?

また、車の保有率やデータを見ると「若者の車離れなんてだ!」なんて言う人もいます。

では実際のところ、どうなのでしょうか?




Sponsored Link

若者の車離れの原因や理由で考えられる事

お金の問題

これが一番大きな理由なのですが、これは今始まった事ではなく、「若者はお金がない!」のは、ずっと昔からある事です。

では、そんな昔からある事なのに、なぜ今の若者は、そんなにお金がない?のでしょうか?

実は「今の若者はお金がない」のではなく、今と昔では働き方が大きく違っているのが原因だと考えられています。

昔は一度入った会社は、ずっとその会社で働く事が出来たのですが、今は、大手の会社に入っても「合併や吸収」などで、「一生安泰!」と限らないようになってきたからです。

それに加えて、会社もコスト削減で、一番コストがかかる人件費を「出来るだけ抑えたい!」ので、安くて済む「アルバイト」や「派遣」と言ったいわゆる「非正規社員」を雇うようにしたからです。

そうなると当然将来の事が不安になるので、絶対必要でない物は「買わない」となる訳ですね!

「そりゃ~そうなるわな!」

なので「若者の車離れ」は何も「若者」が原因ではないのですね!

ですからそのような事を考えると、免許証を取るにもお金が要るので、免許証も取らない!となってしまうのです。

社会全体がそうなっているから、仕方ない事ではあります。

車が要る必要がない

どう言う事かと言うと、別に自分の車で移動する必要がないと言う事です。

移動するには「電車」もあるし「バス」もあります。「タクシー」だってあります。

なんなら必要な時に使える「カーシェアリング」だってあるので、困らないと言う訳ですね!

住んでいる所に駐車スペースがない

ガンバって一戸建てを立てて、駐車スペースを確保できる人はいいですが、マンションやアパートだと場所によっては、入居者全員の駐車場がない所だってあります。

そうなれば当然車があると、よそで借りないといけなくなるので、それも面倒くさいですね!

第一、そこが空いているかどうかも分からないし!

よって、これも仕方ない!となります。(笑)

若者の車離れは税金が高いから?

 

車にかかる「税金」ってホント高いし、いろいろ種類もあります。

ですから、どんな「税金」があるのか、解説していきます。

自動車取得税

これは50万円以上する新車や中古車を買えば、税金を払わなければいけません。

販売される車の値段の90%に

「普通車」だと、3%

「軽自動車」だと、2%かかります。

例えば、新車価格が200万円だとしたら、200×0.9で180万円となります。

その180万円に「普通車」なら3%なので54,000円が、税金として上乗せされます。

自動車税

これだけ唯一自分で払いに行く事になります。(コンビニで出来る)

この自動車税は、毎年5月に「払って下さい」といった通知が来ます。

この「自動車税」は、忘れた頃にやってくるので、意外とイタイ出費になります。

で、いくら払うのか?と言うと、

軽自動車(660CC)と1000CCの車は、29,500円

1000CC~1500CCまでは、34,500円

1500CC~2000CCまでは、39,500円

2000CC~2500CCまでは、45,000円

2500CC~3000CCまでは、51,000円

3000CC~3500CCまでは、58,000円

となっていて、これ以降は6000CCまで、約10,000円づつ高くなっていきます。

重量税

これは、新しく車を買った時や、「車検」の時に払います。

「えッ!?先程の自動車取得税を払ったけど、これも払うの?」と思うかもしれませんが、これも「自動車取得税」とは別に払わないといけないのです。

つまり、「二重の税金」となっている訳ですね!

納得できないでしょうが、決まっているのです。

払う金額はこれも何CCかによって違います。

一般的な1500CCなら22,500円、2000CCなら30,000円となっています。

ガソリン税

車に乗ると必ず「ガソリン」を入れますが、その「ガソリン」にも税金(1リットルにつき53.8円がかかっている)がかかっているのです。

さらにそこに「消費税」もつく素晴らしさ!(苦笑)

まさに「税金の塊」になっているわけですね!

車の保有率とデータを見たら嘘?

Sponsored Link

本当に若者の車離れは起こっているのか?

じつはこれ、「嘘」と言うか、車離れという言い方がよくないように思います。

と言うのは、データや保有率では、20代や30代の80%以上の人が「運転免許証」を持っていて、その内の約半分が「車を保有」しているのです。

それは、20年前からあまり変わっていないそうです。

それに今流行の「カーシェアリング」も若者にとっては人気で、若者の人口の2倍もの利用数があるらしいのです。

ですから、「若者の離れ」と言うより、車以外の交通手段や生活スタイルの変化で変わってきているだけのようです!

都会ではそもそも「保有する」必要はないくらい便利なので、「保有率」でいうと低い(40%くらい)ですが、地方では車の保有率が80%以上といった所もあるくらいです。

と言う事は、興味の多様化や効率化の為にいろんな方法を使っているだけ!と言う事になります。

まとめ

「若者の車離れ」って言うけど、何をもって言うか?ですね!

車を買う事?車を使う事?

しかし、それにしても「税金高ッ!」




Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

車好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© それがちょっと知りたい! , 2019 All Rights Reserved.