こち亀麗子のブスメイク・特殊メイクの変装で太る回は何巻何話?アニメ回についても

アニメ

こちら葛飾区亀有公園前派出所の秋本カトリーヌ麗子は、普段は美人でスタイル抜群ですね。

しかしそんな麗子が、ブスメイク・不細工メイクと言う特殊メイクで変装して太る回があります。

それは一体原作漫画の何巻何話でしょうか?

またその麗子が、特殊メイクで変装して太る回はアニメでもあるのかお伝えしたいと思います。




Sponsored Link

こち亀麗子のブスメイク・不細工メイク

こちら葛飾区亀有公園前派出所のヒロイン・秋本カトリーヌ麗子のブスメイク・不細工メイクをご紹介します。

このように、普段あんなに綺麗な麗子でも特殊メイクをすると、ブスで不細工になってしまうんですね。

面影も一切ない程まるっきりの別人になってしまうとは、特殊メイクの技術が凄すぎです。

周りの人も「別人ね」と言うくらい驚いています。

これだと誰が見てもあの麗子とは気づかないのは無理もありませんね。

こち亀麗子のブスメイク・特殊メイクの変装で太る回は何巻何話?

ではそんな麗子が、ブスメイク・不細工メイクといった特殊メイクで変装して太る回は原作漫画では何巻の何話でしょうか?

それは185巻の2話「レイコ変身の巻」です。

 

 

185巻の2話「レイコ変身の巻」の内容

それでは185巻の2話「レイコ変身の巻」の内容をご紹介します。

麗子が特殊メイクで変装

麗子が出演するお芝居で、急遽、「ビッグ・ママ」役の人が風邪で休む事になり代役を努める事になります。

元々の気の強さやバレエをしていた事もあり、本人よりも迫力がある演技をリハーサルで見せます。

そして本番が始まろうとした時、観客の小学生達が1時間遅れるという事で1時間の休憩に入ります。

その休憩の時に麗子は、ブスメイク・不細工メイクという特殊メイクをしている事を忘れ、外に皆のコーヒーを買いに出かけます。

すると麗子を見る周りの目がいつもと違う事に気づきます。

周りの目がいつもと違う

変装後の麗子の姿は、

  • いつもの麗子の3倍くらいありそうな体型。
  • 髪型もオバチャンパーマが伸びたような髪型。
  • 顔は丸くて鼻も低い。
  • 眉毛が太い。
  • 怪しさを際立たせるような丸いサングラス。
  • 服装もそこら辺のオバチャンのような服装。

となっているので、周りの目がいつもの麗子を見る目とは明らかに違います。

そして極めつけは、いつも通ってるコーヒーショップの店員の態度です。

普段の麗子ならこの店員も愛想よく対応してくれるのですが、この特殊メイクで不細工になったとは知らない店員は、見た目だけで不細工と判断して無愛想な態度をとります。

そんな態度を見て麗子は、「自分の友達もこんな態度になるのか?」と不安になり、つまずいてコーヒーを全部こぼしてしまいます。

しかし誰も助けてくれません。

そんな時に現れたのが両津勘吉です。

両津勘吉は見た目で判断しない

両津勘吉はつまずいた麗子に対し、

「おい!大丈夫か?」

と手を差し伸べて助けてくれます。

おまけにこぼれたコーヒーまで全部交換してくれます。

この姿に麗子は、

「意外だわ!この姿なのに親切ね!」

と驚きます。

周りはこの姿だけで無愛想になるし、助けてもくれない中、両津勘吉だけは見た目だけで判断せず、困っている人を助ける姿に感心します。

そこで麗子は聞く訳です。

「助けるにしても本当は美人の方がいいんでしょ?」と。

すると両津勘吉は当然美人の方がいいと答えるのですが、それよりも、

「外見は別として、女は愛嬌!男は度胸!」

「なんたって笑顔が宝!」と答えます。

両津勘吉は当然ながら中身が麗子だとは知りません。

外見よりも「女は愛嬌と笑顔が宝」とは正しくその通りです。

多少のブスや不細工でも、愛嬌と笑顔があれば可愛く見えるのは確かですから。

いつもメチャクチャな生き方をしている両津勘吉なのに、こんな時はさり気なく思いやりを見せる所が愛されるキャラなんでしょうね。

こち亀の麗子が太る回はアニメである?

そんな麗子がブスメイク・不細工メイクといった特殊メイクで変装して太る回は原作漫画では、185巻の2話「レイコ変身の巻」ですが、アニメでは何話になるのでしょうか?

残念ながらその話はアニメではありません。

なぜならこの話はアニメが終了した後の話だからです。

原作漫画は200巻まで続いたのに、アニメは344話までしかないのは残念です。

こち亀:レイコの変身の巻を見た感想

こちら葛飾区亀有公園前派出所の両津勘吉は、

  • 始末書の両さん
  • 嫌われ男ナンバーワン
  • 疫病神
  • 原始人

など色々とマイナスな事を作中では言われています。

しかし困った人がいると、見た目だけで判断せず助ける。

こんな当たり前の事をさり気なく出来る所がカッコいいですね。

 

 

まとめ

こち亀麗子のブスメイク・特殊メイクの変装で太る回は何巻何話?

アニメ回についてもご紹介しました。

麗子がブスメイク・不細工メイクという特殊メイクで太る回は、原作漫画では、

185巻の2話「レイコ変身の巻」です。

こちら葛飾区亀有公園前派出所の主人公両津勘吉は、女性には手をあげるような事は一切しません。(麗子は友達感覚だから別)

それにたくさんの知識があり本気を出せば、中川や麗子のような超お金持ちにも負けません。

むしろ頂点にだって上り詰める事が出来るくらいです。

それが出来ないのは欲が強すぎるからですが、それもまた見ていて面白い部分でもあります。

そして時折見せる男らしさや、優しさ。

こんな所がいつまでも愛されるキャラなんでしょうね。




Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

こち亀好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました