Just another WordPress site

峰不二子という女のオスカーの刺青の意味は?最終回についても考察

 

峰不二子という女に登場するオスカー警部補

その体に「刺青」がある描写が少しだけ描かれていましたね。

ではその「オスカー警部補の刺青」は一体何を意味するのか考察してみたいと思います。

そして気になる「峰不二子という女」の最終回についても解説していきます。




Sponsored Link

峰不二子という女のオスカーの刺青の意味は?

峰不二子という女オスカー刺青の意味は何でしょうか?

峰不二子という女では、少しだけオスカーの体に刺青が描かれていた描写がありました。

これは一体何を意味するのか考察してみたいと思います。

刺青の意味を考察1:峰不二子への嫉妬

まず第一に考察できる事は、「峰不二子への嫉妬」です。

なぜなら銭形警部の頭には、オスカーの事より峰不二子の方が頭にあるからです。

ではなぜ銭形警部の頭には峰不二子の事があるのか?

それは「峰不二子が泥棒」と言う事と、「体の関係」を持った事によるものだと思われます。

銭形警部は警察なので、泥棒である峰不二子を捕まえる事は当然頭にあるのでこれは仕方ありません。

それよりもむしろ、峰不二子と体の関係を持った事の方が頭にあるのかもしれませんね。

もしそうだとすれば銭形警部は、どれだけ未練たらしいのでしょうか?笑

男と女に「情」が生まれるのはだいたい3回以上体の関係を持ったら生まれやすいのですが、たった一回の体の関係でここまで忘れなくなるもの何でしょうか?

まぁ~いずれにせよ銭形警部の頭には峰不二子がいるので、その峰不二子と同じような体になれば少しでも自分の方を振り向いてくれるのではないかと考えたのでしょう。

ちなみに峰不二子の体には「刺青はない!」と考えられます。

そもそも峰不二子は「アイシャ」の記憶を植え付けられただけなので、峰不二子の体自体に刺青はないのではないでしょうか?

それがアイシャの記憶を植え付けられた事によって峰不二子自身にも、自分の体に刺青があるという嘘の記憶が生まれる。

そして峰不二子の体に刺青があると思っているオスカー(描写がないのであくまで推測)は、少しでも銭形警部に振り向いてほしいので峰不二子の体に似せようとした。

そうする事で銭形警部は、自分の方に振り向いてくれるのではないかと考えたのでしょう。

と言うか、オスカーは男なのに同じ男である銭形警部をここまで愛するって気持ち悪いんですけど!笑

刺青の意味を考察2:銭形警部への愛

オスカーがこれだけ銭形警部の事を想うのは、当然そこには「愛」があるからですね。

ではなぜここまで銭形警部の事を想うのでしょうか?

いじめられている所を助けられたから?

誇りを守った事を褒められたから?

確かに人は苦しい時に助けられたり褒められたりすると嬉しいですが、そこに愛情は生まれないのでは?

そこに愛情が生まれるのは「男と女」だけでしょ?

なのに同じ男同士なのにあの異常なまでの愛情はとても理解できません。

てか、何勝手に花嫁姿である自分を想像してるのですか?

気持ち悪いんですけど!笑

そもそもこの「峰不二子という女」にこのオスカーと言うキャラ要る?

居なくても全然問題ないように思うのですが。

峰不二子という女のオスカーは最終回どうなった?

Sponsored Link

ではこの「峰不二子という女」に登場するオスカー最終回ではどうなったのでしょうか?

死んだ?

いえいえ、死んだと言う描写はありません。

「峰不二子という女」に登場するオスカーは最終回では、屋敷を燃やしてからそれっきり登場しません。

よってオスカーは、「その後、行方不明になる」と思っています。

でないと発狂して屋敷まで燃やしたのに、銭形警部の側には居られないでしょう。

ですから「峰不二子という女」に登場するオスカーは最終回では行方不明になり、二度と銭形警部の前には現れないのでは?と思っています。

まとめ

峰不二子という女のオスカーの刺青の意味は?最終回についても考察してみました。

オスカーの体の刺青の意味は、銭形警部に少しでも振り向いてほしいので峰不二子の体に似せた。

そして最終回ではオスカーは行方不明になり、二度と銭形警部の前に現れる事はない。

といった感じでしょうか?

峰不二子について合わせて読みたい記事はこちら!




Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

峰不二子好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© それがちょっと知りたい! , 2019 All Rights Reserved.