Just another WordPress site

トゥルーマンショーで妻が神に懺悔する意味とは?なぜ指をクロスしているのか解説

2019/05/30
 

ジムキャリー主演の映画「トゥルーマンショー」は、産まれた時から自分の人生を監視され、その全てを映画のショーのように撮影されている事に気づかない一人の青年の物語ですね。

その中でのワンシーンで、トゥルーマンの妻メリルが指をクロスして神に懺悔するシーンがありますが、その意味とは何でしょう?

そして、最後に警備員が言う「テレビガイドはどこにあるの?」に込められた意味も考案していきます。




Sponsored Link

トゥルーマンショーで神に懺悔とはどんな意味があるの?

トゥルーマンショーのワンシーンで、妻メリルが指をクロスしている写真がありますが、その意味するものとは何かを解説していきたいと思います

なぜ妻が指をクロスしているの?

それは、妻が嘘をついているから、神に懺悔しているのですね。

どう言う事かと言う、この「トゥルーマンショーの映画」は、主人公のトゥルーマン以外全員役者なので、トゥルーマンと結婚している事も芝居な訳です。

ですから妻であるメリルは、好きでもないトゥルーマンと芝居上結婚している事になっているのですが、芝居とは言え、トゥルーマンと結婚している事が事実でない事をアピールしているのですね。

「ごめんなさい!これは全部嘘なのよ!芝居なの!」って具合に表現しているのですね。

これを見たトゥルーマンは「おかしい」となるのですが、そりゃ~当然ですね。

だってトゥルーマンだけが現実の事と思っているのに、実は全てが仮想の芝居なのですからね。

私はこのシーンを見て「危ないヤツだな!そんな事をすればトゥルーマンに全てが芝居である事がバレるだろ!」とハラハラさせられました。

最後に警備員が言う言葉の意味を考案してみる

Sponsored Link

また、最後の警備員が言う言葉にもどんな意味が込められているのか考案してみたいと思います。

何だか意味深な言葉ですからね。

警備員が言うテレビガイドはどこにあるの?に込められた意味は?

実はこの警備員が言う「テレビガイドはどこにあるの?」には、現実世界の我々人々の気持ちを表しているように思います。

この映画「トゥルーマンショー」は、一人の青年の人生をカメラで撮影しているのですが、その撮影されている時だけ人々は一生懸命見たり感心したりするのに、終われば何も無かったかのように次に気持ちが切り替わる早さ。

あれだけ真剣に見ていたのに、終わったら一切無感心みたいな、今の現代の人々の気持ちを表現しているのでしょうね。

皆さんもあると思います。

その時は感心あるが、終われば一切感心ない!という事が。

ですからこのシーンは、ある意味怖いのですね。

トゥルーマンショーは実在の人物をモデルにした?

調べてみると、この映画の中の「トゥルーマン」には、実際にモデルとした人物がいてるようです。

その人物はなんと!

あの「マイケルジャクソン」ですって。

ご存知マイケルジャクソンは世界のスーパースターであった訳ですが、彼は小さな時から周りに注目されていたので、常に世間にその生活を知らされていたので、自由がなかったのです。

スーパースターも一般庶民には分からない苦労があるのですね。

いくらお金があっても、常に監視されている生活というのはイヤでしょう。

プロデューサー クリストフはトゥルーマンの事をホントの子供のように思っている?

この映画「トゥルーマンショー」は、確かに「トゥルーマン」を撮る為に作られた「ショー」なのですが、プロデューサーのクリストフにとってはホントの子供のように思っているような所があります。

それはトゥルーマンの服装です。

なぜなら、いい年の男にあんな子供みたいなカラフルの服を着せないないでしょ?

と言う事は、あくまで予想ですが、トゥルーマンを自分の子供のように思っているとしか考えられません。

それにトゥルーマンがどこにも行かないように、ドーム型のセットの中で生活させるなんて、ある意味過保護か?と思ってしまったくらいですから。笑

トゥルーマンの服が黒の服に変わった意味は?

しかし、そんなトゥルーマンも変わったように思われるシーンがあります。

それが最後の海でのシーンです。

この時のトゥルーマンの服はあの可笑しなカラフルの服ではなく、黒の服になっています。

この意味について考案してみました。

自我の目覚め?

黒には「反逆」の意味もあります。

と言う事は、トゥルーマンに「自我の目覚め」が起こった事を意味しているのかもしれませんね。

なんだか「自我の目覚め」って、それこそ「子供」みたいですが。笑

トゥルーマンが乗る船サンタマリア号の意味は

このシーンも意味ありげな感じがしますね。

「サンタマリア号」と言えば、コロンブスが新大陸を発見した時に乗っていた船の名前ですね。

そう考えるとトゥルーマンが、自分で新たな世界を発見していく意味を込めてこの「サンタマリア号」にしたような気がします。

トゥルーマンのその後はどうなったか勝手に想像してみた

さて氣になるトゥルーマンのその後ですが、どうなったのか勝手に想像してみました。

トゥルーマンのその後はどうなった?

当然、学生時代に会ったシルビアを探しに行く。

そして誰にも監視されない自由な生活を、二人で過ごすのでは?と思っています。

今までずっと監視されていた訳ですから、これからは自分の意志で生きていって、立派な大人になってほしいと思います。

まとめ

トゥルーマンショーで妻が神に懺悔するシーンの意味とは何か?について解説しました。

もしあなたがトゥルーマンのように常に監視されていたらどう思いますか?

この映画は、現代の監視社会を反映しているような気がします。

あなたの生活が実は筒抜けだったりして!

知らないのはあなただけ!怖




Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

トゥルーマンショウー好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© それがちょっと知りたい! , 2019 All Rights Reserved.