Just another WordPress site

日本の超古代文明カタカムナは嘘のトンデモ話?名前の意味についても解説

2019/04/08
 

「超古代文明」!

それは、よく学校で習ったインカ文明マヤ文明、そして四大文明(黄河文明・メソポタミア文明・インダス文明・エジプト文明)とは違い、一万2000年くらい前の話で文字が残っていない「文明」の事です。

ちなみに「古代文明」とは、4000年くらい前の話

そんな「超古代文明」ですが、日本にも「カタカムナ」という「超古代文明」があった!とか、いやいや、それは「嘘」とか「トンデモ話だ!」と言う話もあります。

それに、そもそも「カタカムナ」という名前の意味はどこからきたのでしょうか?について調べてみました!




Sponsored Link

カタカムナの名前の意味

これは実在していたのかどうかも分からない「カタカムナ神社」から来ています。

それは、楢崎皐月(ならさきこうげつ)という人が、ある調査の為に六甲山の近くで仕事をしていました。

すると、猟師の格好をした平十字(ひらとうじ)というおっさんに文句を言われたのです!「ここでそんな仕事をする事をヤメてくれ!」と。

で仕方なく止めると、お礼に「カタカムナ神社の巻物」に書かれている内容を「メモしてもいいいよ!」と言ってメモしたのが「カタカムナ文献」と言われています。

その「カタカムナ文献」から名前を取って、「カタカムナ文明」と呼ばれるようになりました。

日本の超古代文明カタカムナは嘘のトンデモ話?

日本には縄文時代よりもっと前に、日本の兵庫県の六甲山付近に存在していたらしい「超古代文明」「カタカムナ文明」と言う人もいてますが、学術学会では「嘘」「トンデモない話」として扱われています。

ではなぜ「嘘」や「トンデモない話」として扱われているのでしょうか?

それは、この文明について書かれた物や石碑が一切他で発見されていないので、この楢崎皐月(ならさきこうげつ)という人本人が「作った物」とではないか?と言われているからです。

もしこれが本当に実在したのなら、もっと他にもいろいろと出てくるハズだからです。それに「カタカムナ神社」という物も実在しないので!

一般的に言われている「超古代文明」

Sponsored Link

では、日本以外に「超古代文明」と言われている物にはどんな物があるのでしょうか?

アトランティス大陸

アトランティスとは哲学者のプラトンが今の太西洋上に、アジア大陸よりも大きな大陸があり、信じられない程の高い文明があった!と本に書いている文明の事です!

ここの人々は「テレパシー」でコミュニケーションをとっていて、今の我々よりももっと凄い文明があったが、突如一日にして海に沈んでしまった!

その痕跡らしい物が、バハマの国の小さな島「ビミニ島の沖」の海底にあるそうです。

そこには明らかな人工物である「石」でできた道「ビミニロード」がありますが、その石は一万5000年も前の石だそうです!

しかもこの石以外にも、ピラミッドみたいな物も発見されています!

ムー大陸

この「ムー大陸」も今から一万2000年前に太平洋の真ん中にあり、大きさも今のユーラシア大陸並の大きさで、ハワイやイースター島まで陸であったと言われています。

また文明も信じられない程発達していたのですが、これもまた「アトランティス大陸」と同じように一日で海に沈んでしまったとなっています。

この「ムー大陸」が本当にあった!とする証拠が、「モアイ像」で有名な「イースター島」で発見された!とする説があります。

と言うのは、この「イースター島」には「モアイ像」を作る材料の石自体がない!とされていたからです。

しかし実際は、石どころかたくさんの資源があったみたいなので、この「イースター島のモアイ像」は「ムー大陸」とは別の話みたいですよ!

それに大陸が沈んだのなら、海の底にも大陸の特徴である「花崗岩」があるばずなのですが、残念ながら海の底には「花崗岩」はありませんでした!

それどころか、恐竜時代よりももっと前からこの一体は、海であった証拠が見つかっています!

日本では、沖縄の与那国島の海底遺跡が「ムー大陸」かも?と言われていますが、未だに謎のままです!

南アフリカ

これは最近発見されたのですが、南アフリカに20万年もの前の「超古代文明」があったそうです。

「アトランティス」「ムー大陸」でさえ一万2000年前なのに、これよりも遥か以前に文明があったなんて信じられないですね!

しかし、遺跡を調べていると、これまで知られているどの文明よりも古い事がわかったみたいですよ!

ではなぜ「南アフリカ」なのか?

それは、この「南アフリカ」「金」の産地!というのが関係しているそうです。

どういう事かと言うと、人は「アヌンナキ」という宇宙人が作った物とされ、その「アヌンナキ」が今度は「地球の金」に目をつけてやって来た!という言い伝えがあるのです。

しかも、20万年よりもっと古い40万年も前にすでに「地球」にいた!そうで、この南アフリカの文明は、「アヌンナキ」が作った文明ではないか?と言われています。

まとめ

こんな事を知ると歴史って興味深いですね!

これらの事がもっとハッキリと証明されれば、歴史はどうなるのでしょうか?

今まで習った事は何だったの?




Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

歴史好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© それがちょっと知りたい! , 2019 All Rights Reserved.