赤井秀一のマスタング・シボレー車の値段は?ナンバープレートの意味についても

アニメ

赤井秀一のマスタング・シボレー車の値段はいくらでしょうか?

また、ナンバープレートの意味についてもご紹介します。

名探偵コナンの中でも「安室透」に引けを取らないドライビングテクニックの持ち主で、根強い人気を誇っています。

ここではそんな赤井秀一の車について解説していきます。




Sponsored Link

赤井秀一のマスタング車の値段は?

赤井秀一のマスタング車ってカッコいいですね。

ではその赤井秀一のマスタング車の値段はいくらなのかご紹介します。

フォードマスタング・シェルビーGT500の値段:中古車で約438万円

実は、赤井秀一が乗っているこの「フォードマスタング・シェルビーGT500」と言う車は、赤井秀一にとっては二代目の車になります。

で、そのフォードマスタング・シェルビーGT500の値段ですが、現在中古車でそこそこの程度だと約438万円となっています。

引用元:https://www.goo-net.com

と言うのは、このフォードと言う会社は、2016年の秋に日本から完全撤退しています。

従って現在は、この「フォードマスタング・シェルビーGT500」は新車では買う事が出来ません。

だから中古車になります。

と言うか、そもそもこの赤井秀一が乗っている「フォードマスタング・シェルビーGT500」事態が「6代目マスタング」なので、生産も2005年 ~2014年まで終了しているので、中古車になってしまいます。

ちなみに、「そこそこの程度」と言うのは、走行距離や年式の事です。

日本では一般的には、走行距離が10万キロまでなら「まだ走れる車」とされる場合が多いです。

と言う事は反対に、「10万キロ以上の走行距離で年式が10年以上前ならほとんど市場価値なし」と判断され、値段は「数万円程度」となる場合が多いです。

なのでここで紹介しているフォードマスタング・シェルビーGT500の中古車の値段が約438万円と言う事は、まだ走行距離も10万キロの半分くらいの走行距離(4万1000キロ)だし、年式が8年前なのでこの値段になっているのだと思います。

従って、走行距離や年式で値段が変わる事を知っておきましょう。

高ければ800万円以上の場合もあるので。

赤井秀一のマスタングは買ってもらった可能性がある

そんな赤井秀一のマスタングですが、実は「買ってもらった」可能性があります。

では誰に買ってもらったのか? それは、ジョディです。

なぜならジョディは一度ベルモットに車を爆破されているからです。

と言う事は、ジョディは新しく車を買う必要があります。

ここで疑問が! ジョディって確かベンツを乗っていましたね?

しかしあのベンツは本来「ジェイムズの車」で、ただ借りていただけです。

なのでこのベンツはジョディの車ではありません。

従ってジョディは新しく車を買っても不思議ではありません。

そして新しく車を購入する時に「元恋人」である赤井秀一の為に、マスタングを買ってあげたのだと思います。

あくまで予想ですが!

ではなぜマスタングを買ってもらったのか?

別に他の車でもいいのでは?と思いますね。

そうなんです。

別に他の車でもいいんです。

なのにマスタングと言う事は、赤井秀一のイメージの為だと思います。

だから、外車でスピードが出せる車として、マスタングを買ってもらったのでしょう。

別にポルシェやフェラーリでもいいのですが、赤井秀一の初めの車はアメ車のシボレーなので、赤井秀一と言えば「アメ車」のイメージですからね。

なので、アメ車でスピードが出てカッコイイ車となれば「マスタング」となったのでしょう。

あくまで予想ですが、やはり赤井秀一はアメ車が似合いますからね。

純黒の悪夢でのフォードマスタング・シェルビーGT500がカッコいい

そんな赤井秀一の二代目の車である「フォードマスタング・シェルビーGT500」ですが、やはり一番カッコいい時は映画「純黒の悪夢」の時でしょう。

見てこのドライビングテクニック!

安室透も凄いですが、赤井秀一のドライビングテクニックも凄いですね。

こんな事素人がするとすぐにぶつけてしまいますね。笑

またこのシーンも印象に残っています。

これも赤井秀一がするからカッコいいですね。

赤井秀一のシボレー車の値段は?

Sponsored Link

では赤井秀一の初代の車である「シボレー4代目C1500」の値段をご紹介します。

4代目シボレーC1500の値段:中古車で約135万円

ではシボレーC1500・C/Kの値段はどのくらいでしょうか?

それは中古車で走行距離が10万キロ以下なら約135万円となっています。

引用元:https://www.goo-net.com

これも走行距離や年式で値段が変わってきます。

ちなみにこのシボレー4代目C1500・C/Kの年式は1995年くらいなので、今から約20年以上も前になります。

なのに値段が約135万円とはこれも高い気がします。

まぁ~それだけ今も根強い人気がある証拠なんですが、もし故障しても20年以上も前なので、今では部品がほとんど無い為、かなり苦労する事でしょう。

これが「マニア」にはいいんですが!笑

来葉峠での爆破シーンが印象的

この「4代目シボレーC1500」が登場するシーンで、一番印象に残っているのは「来葉峠での爆破シーン」です。

ここで「赤井秀一がこの爆破で死んだ」と思わせたのですね。

まさかあの赤井秀一が死ぬなんて(実際は黒の組織の楠田の遺体にすり替えたので死んでいません)かなり印象的でした。

ちなみにこの話は、コミックでは第58~59巻(FILE605~609)、アニメでは501話~504話になります。

赤井秀一の車(マスタング・シボレー)のナンバープレートの意味は?

では次に、赤井秀一車(マスタング・シボレー)のナンバープレート意味をご紹介します。

フォードマスタング・シェルビーGT500

赤井秀一が乗る「フォードマスタング・シェルビーGT500」のナンバープレートは、「新宿330 た 1202」ですね。

このナンバープレート「新宿330 た 1202」の意味は、赤井秀一の声優である池田秀一さんの誕生日12月2日から来ています。

安室透の車のナンバープレート「新宿330 と 7310」の意味も、安室透の声優である古谷徹さんの誕生日「731」から来ているのと同じですね。

意外と身近な人の誕生日をナンバープレートにしているなんて、私達の発想と同じである事に少し拍子抜けした感があります。

と言うのは、「名探偵コナン」と言う人気漫画の作者である青山剛昌さんならもっと、何かの事件のヒントになるような付け方をしてそうな気がしていたからです。

なのにごく普通の「誕生日」とは、ちょっと意外でした。

ちなみにこのナンバープレートは、自分で選べる「希望番号制度」と言うのがあり、下の4桁(ここで言う1202)は自分の好きな番号に変える事が出来ます。(上の部分 新宿330 た は変えれません)

車のデイーラーで頼めば「6000円」で出来るので、興味がある人はやってみてもいいですね。

シボレーC1500

シボレーのナンバープレート「新宿 800 た 1202」の意味は、マスタングの時と同じ、赤井秀一の声優である池田秀一さんの誕生日です。

またこのシボレーは先程のマスタングと違って「8ナンバー」になっています。

この「8ナンバー」とは「特殊用途自動車(パトカー・消防車・救急車・タンクローリー・現金輸送車、教習車など)」と言って、「法令で決められた用途の車にのみ」付けられる番号です。

なのに普通車のシボレーが「8ナンバー」を付けていると言う事は、「法令で決められた用途の車」として登録しているからかもしれませんね。

だって赤井秀一は「FBI」ですよ!

それくらいの細工はちょろいモンでしょうから。

フォードマスタング・シェルビーGT500の2020年モデルが発売される

名探偵コナン 赤井秀一&安室透 シークレットアーカイブス 少年サンデーグラフィッ…

ここまで赤井秀一の車(マスタング・シボレー)についてご紹介しました。

そこではこの赤井秀一の車(マスタング・シボレー)は、現在生産が終了しているとお伝えしました。

しかしこの「フォードマスタング・シェルビーGT500」に限り、なんと2020年モデルが発売されるようです。

値段は約1300万円だそうです。

2020年モデルとして登場したこの新型シェルビーGT500に搭載される5.2リッターのV型8気筒スーパーチャージャーは、700ps以上を発揮。7速デュアルクラッチの「TREMAC」トランスミッションを介して後輪を駆動。0-60mph(約97km/h)加速が3秒半ば、0-400mでは11秒以下をマークする加速性能が与えられた。

戦闘機からインスピレーションを得たという外観は、大きなエアインテークを持つフロントマスクが目を引く。複合素材のリアスポイラーやリアディフューザーも新デザインで、新型のルックスを大きく特徴付けているディテールだ。歴代シェルビーGTモデルから受け継がれてきた「コブラ」のバッジやボディのストライプは新型でも健在だ。

引用元:https://carsmeet.jp

とてもカッコいいですが、「要る?」

「どこ走るの?」のレベルですよ。

これはアメリカみたいな広い大地がある所ならいいですが、信号が多い狭い日本でどこ走るの?

もし日本で走らせたら、車が性能を発揮できないので可愛そうですね。

まとめ

赤井秀一のマスタング・シボレー車の値段は?

ナンバープレートの意味についてもご紹介しました。

マスタングの値段は程度が良いもので、中古車になりますが約438万円。

シボレーの値段も程度が良いもので、中古車になりますが約135万円。

そしてナンバープレートの意味は、赤井秀一の声優である池田秀一さんの誕生日から。

この赤井秀一の車は「アメリカの車(アメ車)」ですが、カッコよく見えるのは赤井秀一がカッコいいからでしょう。

なので、誰でも似合う訳はない所がこの「アメ車」の難しい所です。

コナンについて合わせて読みたい記事はこちら!




Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コナン好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました