日々の日常の疑問を解決

スーパーサイヤ人と伝説のスーパーサイヤ人の違いは?種類や形態とヤモシについても

2019/12/27
 

ドラゴンボールでは「ブロリー」が登場する事があり、その「ブロリー」の事を「伝説のスーパーサイヤ人」と言っています。

ではその「伝説のスーパーサイヤ人と言われるブロリー」と、「悟空やベジータのスーパーサイヤ人」との違いは何でしょうか?

またスーパーサイヤ人の種類形態、そして「最初のスーパーサイヤ人:ヤモシとは誰なのか」についても解説したいと思います。




Sponsored Link

スーパーサイヤ人と伝説のスーパーサイヤ人の違いは?

スーパーサイヤ人と伝説のスーパーサイヤ人の違いは何でしょうか?

ドラゴンボールでは「ブロリー」の事を「伝説のスーパーサイヤ人」と言っていますが、悟空やベジータは伝説のスーパーサイヤ人ではないのでしょうか?

確か「悟空」がスーパーサイヤ人になる時ベジータが、「千年に一度現れると言う伝説のスーパーサイヤ人なのか?」と言っていたしフリーザも、伝説のスーパーサイヤ人の事を知っていたし、悟空がスーパーサイヤ人になると「どうやら伝説は本当だったんですね」と言っていました。

それに「悟空」も「穏やかな心を持ちながら激しい怒りによって目覚めた伝説の戦士、スーパーサイヤ人孫悟空だぁ~」とも言っています。

と言う事は、「悟空やベジータも伝説のスーパーサイヤ人」であるように思うのですが、違うのでしょうか?

違うとすればその違いは何でしょうか?

気になるので調べてみました。

外見

まず一番大きな違いはその「外見」です。

伝説のスーパーサイヤ人と言われる「ブロリー」は、変身すると筋肉隆々のガッチリとした体型になり、目も「白目」になります。

それに髪の色も「黄緑色」になります。

それに比べて悟空達のスーパーサイヤ人はここまで筋肉隆々でないし、目も白目ではありません。

ちなみに「ドラゴンボールZ危険なふたり!超戦士はねむれない」でのブロリーは金髪でしたが、これも一応「伝説のスーパーサイヤ人扱い」になっていますが、この時のブロリーは、あまりにも力が大きすぎるので父親が制御装置を付けた為、その影響で「金髪」だったそうです。

その制御装置は首にネックレスみたいな感じで付いています。

エネルギーの消耗

「スーパーサイヤ人」や「スーパーサイヤ人2」はそれほどでもないですが、「スーパーサイヤ人3」については特に、エネルギーの消耗が激しく、長時間変身している事が出来ないので実践向きではありません。

それに比べて伝説のスーパーサイヤ人は、エネルギーの消耗もほとんどなく、またスピードも遅くならないので悟空の「スーパーサイヤ人3」よりも優れています。

生まれた時の戦闘力

生まれた時の戦闘力も「伝説のスーパーサイヤ人であるブロリー」と「悟空達のスーパーサイヤ人」では違います。

ブロリーは生まれた時から戦闘力が10000ありました。

それに比べて悟空は戦闘力がたったの「2」です。

こう比べるといかに伝説のスーパーサイヤ人が凄いかわかりますね。

言い伝え通りの進化をしたかどうか

本来「伝説のスーパーサイヤ人」と言うのは、「千年に一人現れる破壊と殺戮を好む最強の戦士」です。

なのに悟空達がスーパーサイヤ人になってもそれほど凶暴になっていません。

それどころかスーパーサイヤ人になる前と見た目もそうですが、性格も全然変わっていないので周りと普通にいます。

って事は全然「破壊と殺戮を好む最強の戦士」ではありませんね。

それに比べてブロリーはスーパーサイヤ人になると、見た目の変化もそうですが、性格もコロっと変わって凶暴になります。

この変化こそが「伝説のスーパーサイヤ人」である証なのです。

悟空達のスーパーサイヤ人はただ戦闘力をアップするだけの変化でしかないので、「破壊と殺戮を好む」に当てはまらない為、伝説のスーパーサイヤ人ではないと言う事になります。

スーパーサイヤ人の種類や形態まとめ

Sponsored Link

では次にスーパーサイヤ人種類形態についてご紹介します。

スーパーサイヤ人

スーパーサイヤ人とは、戦闘民族であるサイヤ人が「怒り」を機に変身する姿です。

これには悟空・ベジータ・悟飯・悟天・トランクス・ブロリー・ゴテンクス・ゴジータ・ベジット・キャベ・カリフラ・ケール・バーダックの13人がなれ、戦闘力が50倍になります。

スーパーサイヤ人1ー2

スーパーサイヤ人1-2とは、スーパーサイヤ人2ではなく、セルとの戦闘でベジータやトランクスが見せた姿です。

この姿には悟空・ベジータ・大人のトランクスの3人がなれます。

スーパーサイヤ人1-3

この「スーパーサイヤ人1-3」は通称「ムキンクス」と呼ばれますが、あまりにも「パワー重視」である為、スピードが全然ないので失敗したようなスーパーサイヤ人です。

ですから悟空やベジータはあえてこの変身はしませんでした。

ちなみにこの姿には、悟空・ベジータ・大人のトランクス・カリフラの4人がなれます。

スーパーサイヤ人1-4

この「スーパーサイヤ人1-4」は「スーパーサイヤ人1-2」や「スーパーサイヤ人1-3」の欠点である体力の消耗やスピードダウンを考えてバランスのとれた姿です。

この姿には悟空とドラゴンボール超の悟飯の2人がなれます。

スーパーサイヤ人2

見た目はあまり変化がないですが、闘気に稲妻が走っているのが特徴で、戦闘力は「スーパーサイヤサイヤ人の2倍」になります。

と言う事は普段の状態から比べると戦闘力100倍と言う事になります。

この変身になれるのは、悟空・ベジータ・悟飯・大人のトランクス・カリフラ・キャベです。

個人的にはこの悟飯のスーパーサイヤ2が一番好きです。

スーパーサイヤ人3

スーパーサイヤ人3は髪の毛が伸びたり、顔つきが変わってこれまでのスーパーサイヤ人と明らかに違います。

戦闘力もスーパーサイヤ人2の4倍で、普段の状態からすると400倍になります。

ですがこの姿も体力の消耗が激しいので長時間変身していられません。

つまり「スーパーサイヤ人1-3」と一緒で、失敗のスーパーサイヤ人です。

この姿には、悟空・ゴテンクスの2人がなれます。

スーパーサイヤ人4

スーパーサイヤ人4とは、ドラゴンボールGTで登場する姿です。

今までの姿とはうって変わって、髪が黒くなり体全体が赤い毛で覆われ、スーパーサイヤ人3での欠点である体力消耗やスピードダウンもなくなります。

おまけになくなったハズの尻尾まで映えています。

これは「界王神界」でおじいちゃんの界王神様に尻尾を再生させてもらったからです。

この尻尾が生える事で、見事悟空はスーパーサイヤ人4になれたのです。

唯一の欠点は回復には「仙豆」が使えない事で、回復するには同じサイヤ人からパワーをもらう必要がある所です。

この姿には、悟空・ベジータの2人がなれます。

https://twitter.com/PANDORA1097/status/883303939575169024

伝説のスーパーサイヤ人

「破壊と殺戮を好む最強の戦士」である伝説のスーパーサイヤ人ブロリは、優しい心を持ちながら、悟空への恨みから(理由は後術しています)スーパーサイヤ人に変身する事が出来ました。

この状態になると他のスーパーサイヤ人と違い、目が白く髪の毛も黄緑色になり、気性も悟空達と違って荒くなります。

またスピードとパワーを合わせ持ったまさに「伝説のスーパーサイヤ人」です。

この姿になれるのは、ブロリーとケールだと言われています。

スーパーサイヤ人ゴッド

これはドラゴンボール超で登場すキャラクターです。

この姿になるには、正しい心を持ったサイヤ人5人が手をつないで、一人のサイヤ人にエネルギーを送る事で誕生します。

戦闘力は破壊神ビルスに近い戦闘力を持っているのですが、長時間この姿でいられない事が欠点です。

このスーパーサイヤ人ゴッドには、悟空とベジータの2人がなれます。

スーパーサイヤ人ブルー

スーパーサイヤ人ブルーとは、スーパーサイヤ人ゴッドの力を持ったサイヤ人が変身した姿で、今の所最強のスーパーサイヤ人です。

この姿には、悟空とベジータの2人がなれます。

最初のスーパーサイヤ人ヤモシとは誰?

ここまで「伝説のスーパーサイヤ人:ブロリー」と、悟空達の「スーパーサイヤ人」の違いについてお伝えしましたが、実は「最初のスーパーサイヤ人」と言われる人物がいる事が明かされました。

それは一体誰なのでしょうか?

それはこの「ヤモシ」です。(名前の由来は当然、モヤシから来ています。笑)

この「ヤモシ」は、「惑星ベジータが存在する前にいた最初のスーパーサイヤ人」だそうです。

ですがここに書かれている通り、「ヤモシ」は敗北してしまいます。

ヤモシがスーパーサイヤ人なら敗北しないと思うのですが、なぜでしょうか?

それは、「ヤモシ」が元から弱かったからでしょう。

と言うのは、この「ヤモシは最初のスーパーサイヤ人」と言っているだけで、「伝説のスーパーサイヤ人」とは言っていません。

スーパーサイヤ人と言うのは「戦闘力を50倍にアップするための変身」である為、元から弱いヤモシがいくらスーパーサイヤ人になっても敵がそれよりも強ければ負けてしまいます。

そのいい例が「人造人間17号・18号の登場」の時です。

この時ベジータはスーパーサイヤ人になりましたが、人造人間17号・18号がそれよりも戦闘力が高かったので負けてしまいますね。

これと一緒の事がこの「最初のスーパーサイヤ人:ヤモシ」にも起こったのでしょう。

と言う訳で、いくらスーパーサイヤ人になったからと言っても必ず勝てるとは言い切れないと言う事ですね。

伝説のスーパーサイヤ人は悟空にするハズだったと予想

以上のように伝説のスーパーサイヤ人と悟空達のスーパーサイヤ人との違いについて解説してきましたが、それでも何だか腑に落ちません。

なぜなら悟空がスーパーサイヤ人になる時、以下のように言っているからです。

このように悟空は「穏やかな心を持ちながら激しい怒りによって目覚めた伝説の戦士、スーパーサイヤ人孫悟空だぁ~」と言っています。

なのに、悟空が伝説のスーパーサイヤと違うってどういう事でしょうか?

それはスーパーサイヤ人になれる事が当り前になり、「まるで超サイヤ人のバーゲンセール」となった事から、このままでは「千年に一度現れる、純粋に破壊と殺戮を好む最強の戦士」と言う値打ちが無くなったからではないかと思っています。

だからあえて本来の伝説のスーパーサイヤ人の趣旨である「千年に一度現れる、純粋に破壊と殺戮を好む最強の戦士」と言う事に沿って「ブロリー」が誕生したのではないでしょうか?

と言う事は最初は、悟空が伝説のスーパーサイヤ人として描くつもりだったのでしょう。

それが「超サイヤ人のバーゲンセール」となり、伝説のスーパーサイヤ人の値打ちが無くなった事で「ブロリー」を誕生させたのだと思います。

と言う事で、伝説のスーパーサイヤ人と言われる「ブロリー」は、仕方なしに登場させた人物であるように思います。

スーパーサイヤ人になるにはS細胞が必要?

ここまでスーパーサイヤ人と伝説のスーパーサイヤ人の違いについてご紹介しました。

がしかし、ここ最近になってスーパーサイヤ人になるには「S細胞が必要」である事が判明しました。

ではその「S細胞」とは何でしょうか?

S細胞とは?

S細胞とは、サイヤ人がスーパーサイヤ人になる為に必要な細胞の事で、下級戦士であろうとエリート戦士であろうと、サイヤ人みんなが持っているのだそうです。

ですが最初は皆「S細胞」の量が少ないので、スーパーサイヤ人になるにはその「S細胞」を増やしていかなければいけません。

ではどうやって増やしていくのでしょうか?

S細胞の増やし方

それは「高い戦闘力」「穏やかな心」の両方を持っている事です。

ですから「高い戦闘力」だけでもスーパーサイヤ人になれないし、かと言って「穏やかな心」を持っているだけではスーパーサイヤ人にはなれません。

サイヤ人は戦闘民族なので、「高い戦闘力」はあっても「穏やかな心」を持っている者がいなかったので、千年もの間「スーパーサイヤ人」が生まれなかったのでしょう。

だからスーパーサイヤ人が生まれると「伝説」となるわけですね。

ブロリー・悟天・トランクスがスーパーサイヤ人になれるのはなぜ?

スーパーサイヤになるには「S細胞の多さが重要」で、S細胞を増やすには「高い戦闘力」と「穏やかな心」の両方を持っている事が重要とお伝えしました。

なのにブロリー・悟天・トランクスがなぜスーパーサイヤ人になれるのでしょうか?

ブロリー:穏やかだが孫悟空が泣いてうるさかったので恨み

ブロリーなんて「穏やかな心」を持っているとは全然思えませんね?

なのになぜスーパーサイヤ人になれるのでしょうか?

それはブロリーは本来、優しい穏やかな心を持っていたのです。

それが孫悟空(カカロット)に出会う事で憎しみが爆発してスーパーサイヤ人になります。

ここでは孫悟空の息子ですが、容姿が孫悟空に似ているのでブロリーは孫悟空(カカロット)と思い込んでしまったのです。

ではなぜブロリーが孫悟空を見て怒るのか?

それはブロリーが生まれた時、保育器に入っていたのですが、その横に生まれたての孫悟空も保育器に入っていました。

その時に孫悟空が泣いてうるさかったので恨むようになり、孫悟空を見ると怒るようになったのです。

普段は華奢な優男であり[4]、あまり口を利かない。孫悟空(カカロット)やベジータらとともに、サイヤ人の数少ない生き残りの1人であり、かつ純粋な超サイヤ人の一人である。悟空と同じ日に生まれ、保育器では隣同士だった。赤ん坊の頃、悟空の泣き声に驚かされて泣いていたため悟空に対して強い憎しみを持っており、悟空に敗北したときにも赤ん坊時代に悟空に泣かされたときのことを思い出していた。
引用元:https://ja.wikipedia.org

と言う訳でブロリーがスーパーサイヤ人になれるのは、生まれ持った高い戦闘力は勿論ですが、横でうるさかったので寝れなかった事に対する恨みなんですね。

それだけでここまで恨むなんて、ブロリーにとっては相当ストレスだったんですね。

悟天・トランクス:親の遺伝

では悟天やトランクスはなぜスーパーサイヤ人になれたのか?

それは「親の遺伝」です。

「1000年に一度」と言われるスーパーサイヤ人に悟天やトランクスがなれるって、まさに「親の遺伝さまさま」ですね。

まとめ

スーパーサイヤ人と伝説のスーパーサイヤ人の違いは?種類や形態とヤモシについても解説しました。

スーパーサイヤ人と伝説のスーパーサイヤ人の違いは、「外見」「エネルギーの消耗」「生まれた時の戦闘力」です。

って言うかホントに何だかしっくりきません。

最初は悟空が伝説のスーパーサイヤ人にしたハズなのに、実は違うってか?

あまり話をこじつけていくと、段々と面白さがなくなって「ひつこい」感じになってきますね。笑

それにしても「最初のスーパーサイヤ人・モヤシ」がいてるとは驚きでしたね。

これも「こじつけ」だと思いますが!笑




Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ドラゴンボール好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© それがちょっと知りたい! , 2019 All Rights Reserved.