【ドラゴンボール】ブロリーが悟空を嫌いな理由は?鳴き声で寝られなかったから?

アニメ

ドラゴンボールに登場するブロリーが悟空(カカロット)を嫌いな理由は何でしょうか?

ブロリーは悟空(カカロット)を見ると、それだけで異常に興奮しています。

悟空は別に何もしている訳でもなくただそこにいるだけなのに、なぜこんなにも悟空に対して恨みがあるのか分かりません。

よっぽど悟空が嫌いである事は見ていて分かるのですが。

と言う訳で、ここではドラゴンボールのブロリーが、悟空を嫌いな理由についてお伝えしたいと思います。




Sponsored Link

ブロリーが悟空を嫌いな理由は?

ブロリーが悟空を嫌いな理由は何でしょうか?

悟空見る度、また思い出す度に「カカロット~」と叫んで怒っています。

なぜこんなにも悟空に恨みがあるのでしょうか?

これらのシーンを見る度に、

「カカロット、カカロットとうるさいヤッちゃ!」

「何勝手に怒っとんねん!」

と思ってしまうのですが、ブロリーが悟空を嫌いな理由は2つあります。

それぞれについて解説したいと思います。

悟空の鳴き声で寝られなかった

まず一番の理由がこの「悟空の鳴き声で寝られなかった」です。

ブロリーと悟空(カカロット)は同じ日に生まれ、二人共同じように「保育器」に入り、隣同士に並んで寝ていました。

すると隣にいる悟空が突然泣きます。

この時の悟空の鳴き声がうるさかったのでしょう。

おかげでブロリーはゆっくり寝る事が出来ず、うなされていました。

だからブロリーは「悟空に睡眠を邪魔されたから嫌い」となった訳です。

それで悟空を見る度、思い出す度に、

「カカロット~!!」

と叫ぶようになるんです。

漫画やアニメでは「カカロット~」としか表現していませんが、恐らくその言葉の続きにはこのような言葉が続くのでしょう。

「カカロット~!貴様、よくも俺の睡眠を邪魔してくれたなぁ~」と。笑

エリートのプライド

2つ目の理由はエリートとしてのプライドです。

サイヤ人は元々プライドが高い民族ですが、その中でも戦闘力の高い者は特にプライドも高いです。

ブロリーは同じサイヤ人の中でも群を抜いて生まれながらの戦闘力が1万という異常な高さの持ち主です。

それに対し悟空は、戦闘力がたったの「2」しかありません。

なのにブロリーは戦闘力たったの「2」である悟空に泣かされた訳です。

これは相当屈辱だと思います。

だから悟空の事を恨んでいるのです。

と言ってもこの時のブロリーは赤ちゃんです。

赤ちゃんなのにそんなプライドはあるのでしょうか?

恐らくそれはないでしょう。

だとすれば考えられる事は一つです。

それは成長して周りのサイヤ人に「赤ちゃんの時、戦闘力たったの2であるヤツに泣かせれてたな!」と冷やかされた事が考えれます。

伝説のスーパーサイヤ人であろう者が、いくら赤ちゃんの時とは言え、戦闘力たったの「2」のヤツに泣かされたなんて屈辱のなにものでもありませんからね。

この事がどうしても許せなかったので未だに悟空を恨んでいるのでしょう。

だとすれば相当しつこいヤツですね。

また、結局ブロリーは悟空に2回も負けてるので、以前よりももっと嫌いになったと思われます。

ブロリーがベジータより悟空を恨むのはなぜ?

それはブロリーにとって直接邪魔されたかどうかでしょう。

ブロリーと悟空は赤ちゃんの時、隣同士で寝ていたので直接な影響はあります。

だから悟空を恨む事はあるでしょう。

ですがベジータの場合は赤ちゃんの頃、直接な関わりはありません。

ほぼ死を意味する星へ行く事に直接関わったのは、ブロリーの父・パラガスとベジータ王です。

ベジータはその頃子供であったのでブロリーとは直接関わっていません。

だからブロリーはベジータより悟空の方を恨んでいるのでしょう。

と言うか、ブロリーがベジータを少なからず恨んでいるのは父であるパラガスの影響です。

コイツがブロリーに吹き込んだのです。

「お前をあんな星に飛ばしたのはベジータの父・ベジータ王である」と。

だとすればベジータは関係ないでしょ。

ベジータを恨むのは筋違いというやつです。

それとも何?

親子だからそれだけで腹が立つってか?

ベジータにとってはいい迷惑ですね。

まとめ

ドラゴンボールのブロリーが悟空を嫌いな理由は?

鳴き声で寝られなかったから?

についてお伝えしました。

ブロリーが悟空を嫌いな理由は、悟空の鳴き声でゆっくり寝る事が出来なかったから。

たったこれだけの理由であんなにも怒るって意味わからんし!

 

ドラゴンボールのブロリーの映画を見るならコチラをご覧下さい。

ドラゴンボール超映画・ブロリーのフル動画を無料で見る方法

 

ドラゴンボールについて合わせて読みたい記事はこちら!




Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ドラゴンボール好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました