【シャーマンキング】麻倉葉の白鵠の読み方や意味は?アニメでも登場する?

アニメ

シャーマンキングの麻倉葉は、スピリット・オブ・ソードを発展させ、甲縛式オーバーソウル「スピリットオブソード白鵠」を開発しますが、その【白鵠の読み方や意味】はなんでしょうか?

ここでは、麻倉葉の”白鵠”はアニメでも登場するのかについてもご紹介します。




Sponsored Link

【シャーマンキング】麻倉葉の白鵠の読み方や意味は?

シャーマンキングの主人公・麻倉葉の最終形態である”甲縛式オーバーソウル白鵠”の【白鵠の読み方や意味】についてご紹介します。

読み方:びゃっこう

シャーマンキングに登場する白鵠の読み方は、

【びゃっこう】

と読みます。

しかし他にも、

中国では、後漢末期に活躍した馬の名前として【はくこく】と読む場合もあります。

また、人の名前として使う時は、

【はっこう】

と言う読み方をする場合もあります。{江戸時代前期-中期の俳人で、大矢白鵠(おおや はっこう)がいる}

意味は白鳥

シャーマンキングの麻倉葉の甲縛式オーバーソウル「スピリットオブソード白鵠」の意味は、

【白鳥】です。

モデルは、麻倉葉が昔から心惹かれていた白鳥からです。

しかしここでちょっと疑問が!

【白鵠】には、

びゃっこう、はくこく、はっこう

と色々な読み方があるのになぜシャーマンキングでは【びゃっこう】なのか?

それは、麻倉葉の持霊である”阿弥陀丸”と言う言葉を使うところをみると、原作者の武井宏之さんは、浄土三部経の中の一つである「阿弥陀経=仏説阿弥陀経」を参考にされた可能性があります。

「仏説阿弥陀経」には、阿弥陀仏がいるとされる苦しみのない安楽の世界として【極楽浄土】と言う言葉があります。

その【極楽浄土】には、きれいな声でさえずる色鮮やかな鳥として、

  • 白鵠(びゃっこう)
  • 孔雀(くじゃく)
  • 鸚鵡(おうむ)
  • 舎利(しゃり)
  • 迦陵頻伽(かりょうびんか)
  • 共命(ぐみょう)

と言う鳥が出てきます。

その中の一つである白鵠は、【白い水鳥】として、

“お浄土と仏さまの清らかなることを象徴する”

とされています。

シャーマンキングの主人公・麻倉葉は、「楽に生きられる世界」を作るためシャーマンキングを目指すヤツなので、【極楽浄土の苦しみのない安楽の世界】をモチーフにして「びゃっこう」と言う言葉を選んだのかも知れませんね。

シャーマンキングの麻倉葉の白鵠はアニメでも登場する?

Sponsored Link

シャーマンキングの麻倉葉の最終形態である”甲縛式オーバーソウル白鵠”は、アニメでも登場するのかについてお伝えします。

旧アニメでは登場しない

旧アニメでは麻倉葉の甲縛式オーバーソウル白鵠は登場しません。

旧アニメはシャーマンファイトの予選までで、麻倉葉がアメリカに行ってからはオリジナルストーリーとなっています。

従って、麻倉葉の”甲縛式オーバーソウル白鵠”を見るなら、原作漫画しかありません。

新作アニメでは登場するかも

シャーマンキングは2021年の4月から、完全新作アニメとして放送される事になりました。

従って、そこでは原作漫画を忠実にアニメ化されると思うので、麻倉葉の”甲縛式オーバーソウル白鵠”は見れると思われます。

なぜなら、現在放送されている「ドラゴンクエスト・ダイの大冒険」は完全新作アニメ化として、原作漫画の最後まで放送される予定であるからです。

従って、シャーマンキングの完全新作アニメ化も、原作漫画の最後まで放送されるでしょう。

でないと、(完全新作アニメ)としてもう一度アニメ化する意味がないですからね。

まとめ

【シャーマンキング】麻倉葉の白鵠の読み方や意味は?

アニメでも登場するのかについてもご紹介しました。

白鵠の読み方は、「びゃっこう」。
意味は、【白鳥】。

そして、アニメで麻倉葉の”甲縛式オーバーソウル白鵠”は見れるのかは、

  • 旧アニメでは見れない。
  • 完全新作アニメでは恐らく見れる。

今までのシャーマンキングのアニメは、途中から原作漫画とは全然違うオリジナルストーリーになっていたので、完全新作アニメではぜひとも忠実に放送してほしいです。

シャーマンキングについて合わせて読みたい記事はこちら!




Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

シャーマンキング好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました