雨が降ると分かって洗車する意味や理由は?雨の日の前日洗車の仕方やメリットについて解説

洗車する時、「翌日に雨が降ると分かっているなら、雨の日の前日に洗車する意味はない!」

こう思っている人が多いのではないでしょうか?

実は翌日に雨が降ると分かっていれば洗車する方が良いんです。

ここでは、翌日に雨が降ると分かって洗車する意味や理由、そして、雨の日の前日洗車の仕方やメリットについて解説したいと思います。




Sponsored Link

雨が降ると分かって洗車する意味や理由は?

雨が降ると分かって洗車する意味や理由は何でしょうか?

多くの人は翌日に雨が降るなら洗車はしないのではないでしょうか?

実は翌日に雨が降ると分かっていれば、洗車した方が良いんです。

その意味や理由は、

・汚れが落ちやすいから

・酸性雨でさらにホコリ等が酸化するから

・紫外線でさらに酸化するスピードがアップする

からです。

それぞれについて解説していきます。

汚れが落ちやすい

翌日に雨が降ると分かっているのにあえて、雨の日の前日に洗車した方がいい理由の一つに「ホコリ等の汚れが落ちやすい」があります。

車のボディーはすぐにホコリ等で汚れてしまいます。

もし、雨の日の前日に洗車しなければどうなるのでしょうか?

そんな場合は、雨が止んで晴れた時、ボディーに付着していたホコリ等が固まってしまいます。

こうなるとホコリ等がカピカピになって余計に取りづらくなってしまいます。

ですからそうならない為に、雨の日の前日に洗車してボディーをツルツルにする事でホコリ等を前もって取っておきましょう。

すると、雨が止んで晴れた時でもホコリ等が固まらずに済みます。

酸性雨でさらにホコリ等が酸化するから

以前は、「雨の水にはカルキが入っていないので水道水と比べて白い水垢が付きにくい」と言われて来ました。

確かに雨の水にはカルキは入っていないので、白い水垢は付きにくいでしょう。

しかし、近年の雨は酸性雨です。

この酸性雨が曲者なんです。

カルキの比ではありません。

ただでさえ普通の汚れも放置しておくと酸性になってしまい錆びる原因なのに、そこに酸性雨が降ると?

そうです!

さらにボディーが錆びる原因になってしまいます。

ですから雨の日の前日には洗車して、できるだけボディーが錆びるのを防ぐ必要があります

ちなみに、酸性雨でホコリ等の汚れが固まり酸化させる事を「酸化共鳴」と言います。

怖いですね!

ですから雨の日の前日には洗車しておくのがベストです。

何も自分の手で洗車しなくてもいいです。

ガソリンスタンド等の洗車機で十分です。

紫外線でさらに酸化するスピードがアップするから

雨の日だと言っているのに紫外線?

紫外線って晴れの日が多いんでしょ?

だから雨の日は紫外線は関係ないのでは?

確かに紫外線は晴れの日が多いです。

ですが毎日雨が降っている訳ではありませんね?

たまには晴れの日があります。

その「たまに晴れた時の紫外線が問題」なんです。

先程、「酸性雨でホコリ等の汚れが固まり酸化させる事を酸化共鳴と言う」とお伝えしました。

この酸化共鳴は紫外線が当たると、さらに酸化するスピードが早くなるという厄介なものなんです。

と言う事は、もし雨の日の前日に洗車しないでホコリ等が付着していたら?

そこに酸性雨が降る。

ただでさえ酸性雨で酸化共鳴が起こるのに紫外線まで当たったら?

ハイ!

終わったな!

とまではいきませんが、ボディーに優しくない事は確かです。

車をキレイに保ちたいなら、雨の日の前日には洗車するようにしましょう。

雨の日の前日洗車の仕方やメリットは?

では雨の日の前日の洗車の仕方はどうのようにすればいいのでしょうか?

雨の日の前日洗車の仕方

答えは簡単です。

「水洗いしてシャンプーしてワックスまでかける事」です

しかし近頃の車には、ボディーがコーティングされている車もあります。

そのコーティングと言うのは、「数年間は水洗だけでもワックスしたかのようにキレイになる物」です。

この場合は、数年間は水洗だけで大丈夫です。

ですがこのコーティングも数年間だけの効果なので、それ以上に経過するとワックスまでかけるようにしましょう。

雨の日の前日に洗車するメリット

メリットはズバリ、

「ホコリ等が固まりにくいので後々洗車するのが楽」です。

もし前日に洗車せずそのまま放置していると、そこに酸性雨が降って来てホコリ等が固まってしまう可能性もあります。

すると今度洗車する時落ちにくくなります。

落ちにくくなると言う事は、それだけ力も入れてゴシゴシしないといけません。

となれば、ボディーに傷が付きます。

力は要るは、ボディーに傷が付くわ、で言い事なしです。

なのでこうなる前に、雨の日の前日には洗車するようにした方がいいです。

雨の翌日も洗車する方がいい

雨の日の翌日も洗車するのが望ましいです。

なぜなら酸性雨が付着しているからです。

酸性雨はボディーにとって優しくありません、

ですから雨の日の翌日も洗車して酸性雨を洗い流しましょう。

まとめ

雨が降ると分かって洗車する意味や理由は?

雨の日の前日洗車の仕方やメリットについても解説しました。

雨が降ると分かって洗車する意味や理由は、

・汚れが落ちやすいから。

・酸性雨でさらにホコリ等が酸化するから。

雨の日の前日洗車の仕方は、

水洗いしてシャンプーしてワックスまでかける。

以上で今回は終了です。

雨の日の前日に洗車した方がいいなんてビックリですね。

車について合わせて読みたい記事はこちら!

 




Sponsored Link

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

洗車好きの人にシェアしてこの情報を届けませんか?
記事が参考になったという方は
FBなどで「いいね!」もお願いします^^!

コメント

タイトルとURLをコピーしました